これは良い!と思うお店を掲載しています。BASE‎ネットショップ(thebase.in)などのショップ一覧です。

中国茶の専門店Tea Shirleyにお話を聞きました。中国茶の魅力をたくさんの方に知っていただきたい!と熱い気持ちを持ったお店です。中国茶の魅力に惹かれて、茶藝師の資格まで取得されたそうです。

中国茶 Tea Shirley
http://www.tea-shirley.club/

杭州で茶藝師の資格を取得

本格的な中国茶を知ったのは、中国の留学生からプレゼントでいただいたのが、きっかけでした。それまでは中国茶=ペットボトルの烏龍茶くらいの認識しかなく、風味や香りを楽しむというより、健康飲料くらいにしか考えていませんでした。

茶葉から入れる烏龍茶がこんなにフローラルな香りで、まろやかな味わいだというのを知り、衝撃を受け、中国茶をもっと知りたい!と思うようになりました。それがきっかけで教室へ通うようになり、結果的に杭州まで茶藝師の資格を取りに行きました。


中国茶はおいしい!

わたしが中国茶道の勉強をしていることを知り、留学生たちから、その後もたくさんのお茶をいただきました。緑茶、白茶、紅茶、青茶(烏龍茶)、紅茶など、教室で飲ませていただくお茶以外にもさまざまな種類のお茶を愉しむ機会に恵まれました。茶藝師試験の勉強を通じて、また教室の先生のお茶そのものだけではなく、それを作る農家の方や製茶師の方へのあたたかいまなざしにも感銘を受け、たった一杯のお茶にこめられたさまざまな人の想いを知りました。そしてその一杯に心が癒され、明日への活力につながる不思議な魅力に、ますます魅せられました。

中国本土以外でも台湾や香港、シンガポールなどチャイニーズの方がいらっしゃるところでは、必ずその地域にあったスタイルで日々お茶を愉しまれています。未病、病気ではないけれど、なんとなく調子がいまひとつの時、脂っこい食事を食べる時、暑くて体に熱がこもってしまう時…その場のシーンに応じて、上手にお茶を生活に取り入れています。


日本で紹介されている中国茶の飲み方というと、専用の道具を使って本格的に飲むスタイルが定番ですが、道具をそろえるだけでも大変です。私たちが普段、家で日本茶を飲む時、正座をしてお茶をたててという飲み方はしません。急須に茶葉とお湯を入れて、湯のみでさっと飲みます。あるいはペットボトルで買ったりします。

中国茶も同じで、チャイニーズの人たちはもっとかんたんにお茶を淹れていますし、ペットボトル状のものを利用してアイスで飲んだりしています。忙しい毎日を送っている現代人にとって、手軽に飲めるということは重要です。お茶の淹れ方を通じて、文化を知るのは意義のあることですが、それ以前にもっとたくさんの人に興味を持ってもらうには、中国茶はおいしい!ということを知ってもらうこと。そのためにはかんたんに淹れられる、ということを知ってもらうのも大切ではないかと思うようになりました。



人気のあるブランドのお茶を紹介

中国茶 Tea Shirleyでは主に香港や上海で人気のあるブランドのお茶を紹介しています。茶葉が上質であることは当然ですが、パッケージもおしゃれで、地元の方や日本から駐在されている方にも人気のある商品です。中国茶に興味があるけど、何を選んでよいかわからない、そんな方のナビゲーターとして、日々の生活にほっこりしたひと時を持っていただきたい、と思い、オープンしました。


中国茶はとても美味しそうですね!選び抜かれた中国茶を楽しみたい人にはオススメのお店です。

中国茶 Tea Shirley
http://www.tea-shirley.club/

いいね!と思ったら応援ください。



 
Top